メニュー
メニュー
TOEIC 満点を出させた スピ-キング専門 / アメリカイギリスの留学生が 勉強する
/ 初心者のための特別クラスが準備されている学校
相談案内
logo
HOMELOGINJOINID/PW SEARCH facebook youtube instagram
logo
パワーTOEICコース
ㆍHOME > カリキュラム > パワーTOEICコース
パワーTOEIC+TOEICスピーキング
TOEICのスコアとTOEICスピーキングのスコアの向上を目的に勉強しますが、
実際、英語の内面を積んで、流暢な英語のための勉強方法と考えています。

実際にプログラムを進行して時間があまりにもかかったり、勉強の速度が出ない場合、更に一般(セミスパルタ)コースでじっくり勉強した後、勉強することをお勧めします。


総リスニング2時間+リーディング3時間+TOEICスピーキング1時間で構成されており、

1:4グループ授業は2時間ですが、一般コースの学生と一緒に交換しながら、いろいろなテーマで勉強する時間を持つし、オプション選択授業を通して文法とリスニング(cnn, bbc)、スクリーン英語などを一緒に勉強できるプログラムです。



すべての授業を消化すれば、一日11時間の非常にタイトな授業を受けることができ、英語力が日進月歩します。

TOEICコースであろうが、一般コースであろうが、スタディグループを作って勉強することをお勧めいたします。グループ教室が必要な場合、マネージャに要求していただければ、TOEICスタディをできるように支援します。
分類 授業形態 科目 授業内容
Listening 1:1 50分 Part 1,2 Part 1- 6質問を8分で解いて、写真とのマッチングをさせながら聞いてディクテーション練習、表現整理。
Part 2- 25質問を15分で解いて、状況に対する会話練習を先生とする。
Part 2- 特に一般疑問文、付加疑問文、否定疑問文は、正解を書き取る練習をし、キーフレーズは速く読む練習をする。すべての文章よりは、特に固有名詞重要構文をディクテーション練習をする。
先生とロールプレイで、実際の会話のように練習をする。
Listening 1:1 50分 Part 3,4 Part 3- 39質問を約15分で解いて、会話を直接練習しながら勉強する。
Part 4- 30質問を約10分で解いて、理解を確実にして知らない単語を整理する。
どのような状況なのか、どこで起きる状況なのかの背景に関する深い理解が必要である。
Part 3- 会話を直接することにより、もっと良く理解することができる。
Part 4- 試験を受けた後、二つの問題以上間違った質問について、速く読む練習や問題の背景知識を理解する練習も重要である。背景や問題の内容はPart 3そしてPart 6, 7問題の内容と似ている。Part 4の内容を追加質問することによって、学生様の理解度を高めることができる。
また、Part 6, 7の短い質問をPart 4の基本質問に活用すれば、学生様の背景知識を理解させるのに有利である。
Toeic Speaking & Writing 1:1 50分 TOEICスピーキングとライティング TOEICスピーキングのための練習と試験準備の文法と文型の勉強をする。
昨日提示されたテーマについてライティングをして添削や修正をし発表を試みる。
大きく話す練習に集中し、TOEIC文法の整理と理解をする。
ライティングトピックが昨日に提供されるため、放課後自分で用意することができ、これに基づいて、授業時間に速いライティングが可能にさせて、文法チェックと添削を通じて文法を理解して、これを発表する練習をする。
Reading 1:1 50分 Part 5 30問題 15分に解く。そして不正解の整理と理解
ファンデーション授業で学んだ内容を実践に適用する。知らない語彙をノートにまとめて拡張する、間違った構文を覚える。
1:1 50分 Part 6 16問題 7分で解く。そして不正解の整理と理解
長文を素早く理解するキーワードを探しポイントを整理しながら背景知識を積み語彙を整理して、単語を拡張する、正解となる手がかりの語彙を暗記する、連結語(前置詞/接続詞/接続副詞)の存在理由の説明
1:1 50分 Part 7 10問題 約10分で解く。短い単一地の文の問題と二重三重地の文の問題の中で選択して、まず勉強、内容の整理と 文章の流れ、素材を扱う方法を勉強する。
Part 7で短い単一地の文の問題と二重三重地の文の問題の中で2セット程度勉強して、内容の整理をできるし、授業時間に合わせて手紙、お知らせ、広告について勉強できます。
レベルが高い学生様の場合は4問題1セット地の文から重点的に扱い、二重三重の質問を扱うことに集中して答えになる理由、不正解になる理由を速くチェックして難しい部分(学生様が間違ったところ)中心の勉強した方が良いです。
ディスカッション 1:4 50分 小グループ授業 一般コースの学生とのコミュニケーションをしながら、批判的思考を持つ、複数のトピックについて議論授業をする。
1:4 50分 小グループ授業
オプション授業 Group 50分 グループ授業 スクリーン英語、CNNリスニング、ボカビルダー、文法など様々なテーマから選んで授業を受けることができるオプション授業だ。
Group 50分 グループ授業
Group 50分 グループ授業
A+アドバンスは補充という概念が唯一にあります。
フィリピンに来らればきっと風にかかったり、下痢をしたりする人がいるのに、そんな体の学生様に強制的に授業させません。体調が良くなったとき補充授業をしてくれます。補充授業サービスは、フィリピンで唯一です。


普通保証クラスの条件は、既存の実力が良くなければならないし、出席率がほぼ完璧でなければならない。宿題の達成率も100パーセントでなければならない。このような条件が多いです。
フィリピンで生活をしてみると、痛い時も、胃の調子が悪いときも、そして多くの勉強でストレスを受けて痛いときもあります。

だから厳しいルールを適応した状況に保証クラスの甘さの学生様の手続きは誘導していません。


答えを見つける裏技、不正解消去法など多くの物語があります。
でもこのようにすると、500点、600点になるには簡単ですが、決して900点台の高得点は大変です。
A+アドバンスで英語の内面を積んでこそ、後で秘法、答えを見つけることでしょう。